PROFILE

ROPE ARTIST HAJIME KINOKO

Hajime Kinoko
現代アーティスト、緊縛師、ロープアーティスト、写真家
Contemporary artist, Shibari master, Rope artist, photographer

1977年10月22日生まれ
縛りをエロスと捉えるだけでなく、ポップな解釈やアートへの昇華も得意としている。特に自然(木や岩など)や空間までも縛るユニークな作品性は評価されている。近年はパフォーマンス以外に、写真や映像によるアートワークも精力的に発表。縛りと撮影、演出の全てを手がける。また国内のみならず、パリ、ロンドン、ローマ、ベルリン、シドニー、メルボルン、バンクーバー、ニューヨーク、ロサンゼルス、台北、上海、他、世界中の都市での公演、ワークショップを行っており、海外での認知度も高い。日本を代表する縄のスペシャリスト。


Kinoko not only considers shibari to be erotic but is also good at giving it pop interpretation and promote it to art. His unique ties incorporating nature (such as trees and rocks) as well as projects involving the innovative use of space have especially won praise. In addition to performing live rope shows, he has recently been actively releasing artwork including photographs and video, often being in charge of tying, photography, and direction. He is also well known outside of Japan, having conducted workshops in more than 20 major cities such as Paris, London, and Munich as well as in Japan. Kinoko is a rope specialist representing Japan.

ステイトメント Statement

私にとって縛りとは、「つながり」です。
誰かを縛る時、とらえる、縛りつけるといった感覚ではなく、相手との『つながり』を一番に感じます。 縄は糸電話のように相手と自分とを結びつける、そんな感覚になります。相手の事を大切だ!と強く想い縛ると、相手が縄を通してほしい箇所、タイミング、してほしい強さなど様々を感じ取ることができ、それに応じて縛ることができます。その感覚で縛れた時につくり出されるラインは、波が岩肌を削り崖ができるように、まるで大自然のなか出来上がったような、自分とその相手だけのラインとなります。私はそれが素晴らしく、美しいと感じます。
僕にとって追い求めている縛りは、それです。


僕の代表的な作品のシリーズ-Red-があり、これもテーマが「つながり」です。
この作品は、母親、先祖、自然、仲間、DNA、未来、心と心、ひらめきなど、様々なものとの繋がりを表現しています。 人間は決して一人ではない。どこかで誰かと繋がっていてます。作品中、赤い縄を使っているのは、血や運命の赤い糸のような『繋がり』を強固に見せたいから。そして白い世界は無垢な気持ちを表しています。インターネットが普及し便利な世の中になりましたが、私たちは本当の意味でのふれあいを、繋がりを忘れてはいないでしょうか。 見る側の人たちには、かつての大切な人や出来事を思い浮かべて見て頂きたいと思い作っています。
一例としてRedを挙げましたが、僕の様々なアートは、こんなことを想い作り上げています。


For me, shibari is about “connection.”
When tying someone, it’s not about capturing or tying that person. I cherish the “connection” with the model the most. To me it feels like I am tying myself with the model like strings connecting two paper cups to make a paper toy telephone. When I tie someone with a strong feeling that the model is important, I can feel many things such as how they want to be tied with rope, at what timing and where. And I can tie depending on the models’ desires. The lines created when I tie that way are like waves that carve rocks and create cliffs. I create lines are like those created by nature, and only exist between the model and I. I feel those are wonderful and beautiful.
That is the shibari that I pursue.


The series Red represents my work the most accurately. The theme of Red is also “connection.”
This series expresses mothers, ancestors, nature, peers, DNA, the future, connections between hearts, inspiration, and other things. People are not alone. Everyone is connected to someone. In the Red series, I use red rope to emphasize “connections” such as blood or fate, which is expressed in the Japanese language as “the red string of fate.” The white world expresses pure feelings. The world has become a convenient place, with the Internet connecting people around the world. But aren’t we forgetting the true meaning of connections and interactions? I made the artwork with the hope of reminding viewers of the significant people or significant events in their lives. I gave Red as one example, but my various artworks have these feelings hidden behind them.

Art Works

2010 個展 小娘と紐 @Lovelies Lab
2015 個展 Red @神保町画廊(東京)、新宿座(東京)、OYOYO(札幌)、リトルモア(台湾)、G788(ボルティモア)
2016 写真集 Red @マイウェイ出版
2016 個 展 僕が松茸になるまで @クリエイションギャラリー日本橋箱崎
2016 写真集 フォトエッセイ集「一期一会」(三和出版)
2017 個 展 花札緊縛美人 @クリエイションギャラリー日本橋箱崎
2017 写真集 花札緊縛美人 @三和出版
2017 展示会 ART FAIR TOKYO 2017 @東京国際フォーラム
2018 展示会 ART FAIR TOKYO 2018 @東京国際フォーラム
2018 個 展 縄痕 @BALLOND'ESSAI
2018 写真集 縄痕 @Mファクトリー
2018 展示会 代官山フォトフェア
2018 個 展 Perfect Red @ギャラリー・ルデコ
2018 写真集 Perfect Red @Mファクトリー
2019 展示会 ART FAIR TOKYO 2019 @東京国際フォーラム
2019 写真集 鬼緊縛 @小宮山書店
2019 展示会 artKYOTO 2019 @元離宮二条城

縄の経歴 History with rope

2001年に自分の交際していた女性が縛りが好きだったのがきっかけで、夢子氏のアドバイスを受けながら独学で縛りを学ぶ。
その後2003年ごろからKinokoが店長をしていたフェティッシュバーにて、TERU氏始め、様々な縛り好きな客と交流し、アドバイスを聞いたり見て真似、実力をつける。
その店内で明智伝鬼氏の講習会を行いKinoko自身も習い人間を縛るという意味を知る。
2008年頃に明智伝鬼氏の生徒でもあり、TERU氏の先生でもある神凪氏のレッスンを受ける。きめ細かく美しい縛りは、ここで学び、現状Kinoko主宰の一縄会が教える後手縛りは、神凪氏の後手縛りをベースにカスタマイズしたもの。
その翌年、神凪氏が引退を発表し、業界から数年間去った。
その後、縛りに対して迷いがあった時期に再度、習おうと神凪氏を訪ねるが縛りの世界と関わらないという事だったので、それを断念。
その間に、雪村春樹氏と出会い、数年間レッスンを受ける。雪村氏から、モデルとの接する姿勢や縛りによって女性の身体のラインを上手く出す技などを学ぶ。
2018年、Kinokoが教えている縛りの大半の原型が神凪氏が考え出した縛りであり、10年間その縛りを使わせていただいた感謝から、神凪氏の事を「恩師」と呼ぶようになる。


また、2009年に狩野千秋氏の誘いで緊縛写真界の巨匠・杉浦則夫氏の撮影現場に彼女の手伝いとしてはいる。狩野氏が引退後にKinoko本人も手伝いではなく縛り師として杉浦氏の現場に入る様になる。
団鬼六の世界を受け継ぎ、様々な縛り師とコラボしてきた杉浦氏の現場で昔ながらの和の縛りを今も学んでいる。
Kinokoは、2013年頃から緊縛写真を始め、作家活動を行なってる。この杉浦氏のマインドが主軸となり、多大な影響を受けている。
他、Kinokoが一般人に対して緊縛の良さを知ってほしいという気持ちでやっている。一般人に多大な支持を受け、緊縛の作品を作る荒木経惟氏に対しても影響を受けている。


Kinoko took up rope for the first time in 2001, because his then-girlfriend was interested in rope. He began teaching himself rope while getting advice from Yumeko Around 2003, he began interacting with many rope-loving customers such as Mr. Teru at a fettish bar Kinoko was managing. He then began polishing his skills by watching others and seeking advice.
At the fettish bar, the late rope master Akechi Denki held a workshop. That's when Kinoko learned the meaning of tying people.
In 2008, Kinoko began taking lessons from Kanna, who was a student of Akechi Denki and a teacher of Teru. From Kanna, Kinoko learned to tie intricately and beautifully. The Gote shibari that Kinoko's One Rope Association now teaches is based on Kanna's tying and slightly customized.
The following year, Kanna announced his retirement, and left the rope community for several years.
For a while after that, Kinoko debated whether to continue doing rope. He ultimately decided to ask Kanna to learn from him again but Kanna refused to return to the rope community, so Kinoko gave up on that.
Meanwhile, Kinoko met Haruki Yukimura, and took lessons from him for several years. From Yukimura, Kinoko learned how to interact with models, how to show a model's body line in an aesthetically pleasing way, among other techniques.
In 2018, most of Shibari Kinoko has been teaching is based on Kanna’s Shibari method. Kinoko refer Kanna as former teacher to express his gratitude for using his method for 10years.


In 2009, with an invitation from porn actress Chiharu Karino, Kinoko began to assist Karino at photo shoots by Norio Sugiura, the master of kinbaku photography. After Karino retired, Kinoko started working as the main rope rigger rather than an assistant at Sugiura's photo shoots. Kinoko continues to learn traditional rope bondage on-site at photo shoots by Sugiura, who passed down the world of Oniroku Dan.
Kinoko began rope photography around 2013, and also writes. He has been hugely influenced by Sugiura's values and life.
In addition, Kinoko wants to spread the joy of kinbaku to the public. In this sense, he has also been influenced by Nobuyoshi Araki who does just that.

略歴 Brief history

2001

縄による表現に目覚める。

Realized the beauty of expression through rope.

2006

「Hajime Kinoko」名義で、縛りのパフォーマンスと作品制作を開始。
同時に「一縄会」という縛りの講習会を立ち上げ、現在に至る。7名の講師と行う毎月2回の定期講習は日本随一の生徒数とレベルを誇り、国内外からの取材も多い。

Began performing and producing artwork under the stage name of Hajime Kinoko.

2009

フジロックフェスティバル、オールナイトフジにてパフォーマンスを行う。

Performed at the Fuji Rock Festival and All Night Fuji.

2010

初個展「小娘と紐」を原宿 Lovelies Labにて開催。ポップなテイストを取り入れた作品で新たな緊縛のイメージを提案。
また同年より海外でのロープアートのワークショップとショーの活動を開始する。

Held his first solo exhibition titled, "The young woman and string" At Lovelies Lab in Harajuku. Proposed a new image of kinbaku through his work which incorporated a pop taste. That same year, he began engaging in rope art workshops and shows overseas.


2012

フォトグラファーとして撮影も自身で行う作品スタイルへと進化

Began shooting his own photographs for his artworks, and started his career as a photographer.

2013

VICE Japanによるドキュメンタリー映像「Bondage Art with Kinoko Hajime」に出演。その中で披露した岩を縛るアートワークが国内外で話題となり、youtubeでの再生回数が200万回を超える。

Was featured in a documentary by Vice Japan called, "Bondage Art with Hajime Kinoko." His rope work involving rocks, which were shown in the documentary, went viral in and outside of Japan, exceeding 2 million views on YouTube.

イタリアのファッションブランド「DIESEL」のグローバルローンチイベントにてロープによるインスタレーションを担当。
東京のアートスタジオスペース TABLOIDを会場に開催された同イベントには、モデルのジョージア・メイ・ジャガーをはじめ1000人を超えるセレブリティや業界関係者が駆けつけた。

He was also in charge of a rope installation at Italian fashion brand DIESEL's global launch event. The event, which was held at Tokyo's art studio space TABLOID, attracted more than 1,000 celebrities and industry insiders including model Georgia May Jagger.

2014

写真と縛りの両方を手がけた写真集としては初となる「紅天狗」(三和出版)を発表。新世代の緊縛師として注目を集める。

Released his first photo book titled “Beni Tengu" (which means “red long-nosed goblin” in Japanese), in which he was in charge of both rope and photography. The book, published by Sanwa Publishing, gained attention as Kinoko being a new-generation rope artist.

2015

神保町画廊にて Hajime Kinoko展『Red』開催。白い空間を赤縄で彩った世界観が話題を呼び、約3000人来場者を記録。

Held an exhibit titled, "Red," at an art gallery in Jimbocho, a town historically known for its numerous book stores. The installation of red rope in the white space gained attention, and attracted roughly 3,000 visitors.

2016

パリコレ期間中に開催された、パリの日本酒ブランド「HEAVENSAKE」のパーティーにて和の緊縛ショーを披露。トップモデルのカーラ・デルヴィーニュやVOGUE Japanのジョバンナ・バッタリアをはじめ、多くのセレブリティを魅了する。

Performed a Japanese-style kinbaku show at a party for a Paris-based sake brand, “HEAVENSAKE”, which was held during the Paris Fashion Week. The show appealed to top model Cara Delevingne, Vogue Japan’s Giovanna Battaglia, and other celebrities.

Hajime Kinoko展『Red』の追加展示が東京(新宿座)、札幌(OYOYO)、アメリカ・ボルティモア (G788)、台湾・台北(リトルモカ)にて開催される。
同展覧会の作品を集めた写真集「RED」(マイウェイ出版)を出版。帯の推薦コメントは映画監督・園子温とアーティスト集団・Chim↑Pomのエリイによるもの。

Additional exhibits of “Red” were held in Tokyo (at Shinjukuza), in Sapporo (at OYOYO), in the U.S. city of Baltimore (at G788), and the Taiwanese capital of Taipei (at Little Moca).
A photo book featuring the art works exhibited at “Red” were compiled into a phot book and published by Myway Publishing Company. Film director Shion Sono and artist group Chim↑Pom’s Ellie provided recommendations about kimono obis (belts).

素晴らしすぎる!! 緊縛を超えている! もうこれはアートだ
<園 子温>
It’s unbelievably amazing! It exceeds kinbaku! This is art.
(Shion Sono)
一鬼のこさんの写真を見ていると懐かしいノスタルジックな気持ちになる。そう、子供の時に見ていた景色と危険な大人の融合。
<Chim↑Pom・エリイ>
When I see Hajime Kinoko’s photographs, I feel nostalgic. It blends the familiar landscapes I saw as a child and the dangerous adult scene.
(artist group Chim↑Pom’s Ellie)

パリコレにも参加するファッションブランド「CHRISTIAN DADA」の南青山本店オープンに伴い、ロープによるインスタレーションとパフォーマンスを行う。また同時出店となったシンガポール店では、中心部の目抜き通りであるオーチャードに「心臓」をテーマとした巨大なインスタレーションを設置。現地のメディアにも大きく取り上げられる。

Performed a show and made a rope installation for the opening of the Minami Aoyama flagship store for fashion brand CHRISTIAN DADA, a fashion brand that participates in Paris Fashion Week. In the Singapore shop that opened simultaneously, a massive installation under the theme of “heart” was installed in Orchard Road, Singapore’s famous shopping street. This installation was also widely covered by the local media.


週刊プレイボーイ32号にて、袋とじグラビア「キン縛マン」を掲載。人気漫画「キン肉マン」のファンとして知られる、お笑い芸人のケンドーコバヤシとハリウッドザコシショウをモデルに、作中の必殺技を緊縛で再現。作者のゆでたまご公認の豪華企画として大きな反響を得る。

Had Kinoko's Kin-baku-man published on the centerfold of Shukan Playboy magazine’s 32nd edition. The photo featured as models two Japanese comedians -- Kendo Kobayashi and Hollywood Zakoshisyo -- who are known fans of the popular wrestling comic called Kin-niku-man (meaning, “Blazing Muscle-man” in Japanese) both tied up in fighting wrestling positions. This luxurious feature was approved by Kin-niku-man artist Yudetamago, and was widely lauded.


Haime Kinoko10周年展示フォトエッセイ集「一期一会」(三和出版)を発表。発売記念イベントとして、クリエイションギャラリー日本橋箱崎にて Hajime Kinoko10周年展示『僕が松茸になるまで』を開催。過去10年間の活動の集大成として、500点を超える作品と巨大ロープインスタレーションを展示した

Hajime Kinoko's 10th anniversary photo essay book titled "Ichigo Ichie" (meaning “every meeting is a precious one that will never happen again” in Japanese) was published through Sanwa Publishing. As a book-launching event, a 10th anniversary event (meaning "Until I became Kinoko" in Jpaanese, was held at Creation Gallery Nihonbashi-Hakozaki More than 500 artworks and a mass-scale rope installation was exhibited to commemorate his ten years as a professional rope artist.


新宿・ArcH/SODOM&FancyHIM にてAyaBambi×Hajime Kinokoのコラボレーションショーを発表。マドンナのダンサーとしても知られるAyabambiの2人を上空5メートルまで吊り上げるパフォーマンスは新境地として好評を得る。

Held a collaboration show with AyaBambi at Shinjuku's ArcH/SODOM&FancyHIM. During this performance, Kinoko suspended Ayabambi -- a duo known for having been Madonna's backup dancers -- five meters in the air, showcasing a new frontier for rope shows.


2017

花札に描かれる12の植物と美女をモチーフにした緊縛作品『花札緊縛美人』 ~十二季節、十二のお花、十二の緊縛美人〜の展示を2017年2月25日から3月5日まで、クリエイションギャラリー日本橋箱崎 札幌・to ov cafe / gallery 同時開催

Simultaneously held two exhibits called, "hanafuda kinbaku bijin," based on a traditional Japanese card game called "hanafuda." The rope work featured the twelve seasons, twelve plants, and twelve beautiful rope models from February 25th to March 5th at Creation Gallery Nihonbashi-Hakozaki and Sapporo's to ov cafe / gallery.


1月・松
January: pine tree

3月・桜
March: cherry tree

12月・桐
December: tung tree

Uru シングル「フリージア」にて、白いロープでのインスタレーションを担当した。
MBS/TBS系列全国28局ネット放送中 TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(第2期)2017年1月クールのエンディングテーマとなる楽曲。

Exhibited Art rope installation with white ropes for the music video of Uru's new single titled "Feesia". The tune is the theme song of TV Animation series "Mobile Suit Gundam: Iron-Blooded Orphan" (2nd season starting in January 2017, MBS/TBS) which has been nation-widely distributed by 28 channels.

東京国際フォーラムで開催された「ART FAIR TOKYO 2017」で、写真作品をドローイングした作品やポラロイドを数点散りばめヒモで縛ったアート作品を、小宮山書店ブース内で多数展示した。

Participated in group exhibition for "ART FAIR TOKYO 2017" at Tokyo International Forum. Having the rope art installations tied and attached with replicated drawings from his photography, many of which were displayed at the booth of Komiyama Bookshop.

米国バーニングマンのオフィシャルアーテイストとして参加した。
全長17メートルの巨大ロープオブジェをボランティアスタッフ数十名と共に建造。そして広大な砂漠の中、竹のやぐらを建て純和風の緊縛ショー『和の緊縛耽美』を披露。バーニングマンに参加する8万人にロープアートのエンターテイメントした。同時に2018年カレンダーを発売。

Presented Art rope installation and performed Rope show at the Burningman (U.S., 2017) which marked 80,000 participants. Having been invited as an official artist, displayed the giant rope object with a total length of 17 meters based on the bamboo structure in the vast desert by gaining support from the 10 volunteers. Rope show was taken place inside of the art installation in the traditional Japanese style. In 2018, released a calendar featuring photography from the event.

TBSテレビドラマ「監獄のお姫様(脚本・宮藤官九郎)」のメインビジュアルで伊勢谷友介氏をモデルにリボンと縄でロープアートを施した。

Presented Art rope installation as the main visual of TV drama titled "Princess in the Jail" (written by Kankuro Kudo, TBS) having the actor, Yusuke Iseya as a model to be decorated with ribbons and ropes.

MYTH & ROID氏の楽曲「HYDRA」ジャケットのロープアートを担当した。
TVアニメ「オーバーロードⅡ」エンディングテーマとなる楽曲。

Introduced Art rope installation for the promotional visual of the song titled "HYDRA" by MYTH & ROID which is the theme music of TV Animation "Overload Ⅱ".

2018

"Hajime Kinoko展『縄痕 -Rope Marks-』を2018年3月20日から3月25日まで、下北沢BALLON D' ESSAIにて開催した。
写真集「NAWA ATO 縄痕」(エムアップ)も同時に発売。

Held an exhibition 「NAWA-ATO -Rope Marks-」at Shimokitazawa BALLON D’ ESSAI from March 20th, 2018 to March 25th, 2018.
Photo Book「NAWA-ATO」(m-up)also released at the same time.

購入はこちら Place your order

2018年3/31~4/1に開催された『SpringLove春風』にて全長6mの縄の巨人を制作しました。
春風には、約6万人が来場し、このイベントのメインビジュアルと言って過言ではないほど、注目されました。

He produced a total length of 6 meters GIANT at 「Spring Love Harukaze 2018」
About 60,000 people attended the event, and the main visual of this event was as remarkable as it could be said.

芸術新潮やアサヒカメラで、Hajime Kinokoの作品が取り上げられました。

The work of Hajime Kinoko was featured in a Asahi Camera and Geijutsu shincho.
His work was starting to featured in Japanese art magazines, and camera magazines, and many other medias, then his works were began to recognized in people.

荒木経惟 x Museum of Sex x Hajime Kinokoのコラボレーション
ニューヨークの『Museum of Sex』で開催されていた荒木経惟展のスペシャルイベントととしてパフォーマンスを披露しました。
この催しはNEW YORK MAGAZINEやpurple MAGAZINE、Office Magazine、HERO、Hyperallergic、Global | Guest of a Guestなど、様々な媒体で紹介されました。

Performed at the "Museum of Sex" in New York presented as a special event of the Araki Keisuke exhibition.
After the show, the organizer HEAVENSAKE served the “Heaven Sake”, a fusion of sake and wine.

秋元康プロデュースのアイドルグループ「ラストアイドル」のMV『愛しか武器がない』でロープアートを担当し、横幅6m、高さ5mの巨大インスタレーションを制作しました。

In charge of rope art for the MV “Aishikabukiganai”, the idol group "Last Idol" produced by Yasushi Akimoto, and created a huge installation wich is 6 meters wide and 5 meters high.

海外アーティストのBrookeCandyと、ショーパフォーマンス、和緊縛のフォトシューティング、インスタレーションのフォトシューティングと3日間にわたってコラボレーションしました。

Collaborated with Brooke Candy for 3 days with show performance, photo shoot of Japanese bondage and installation.

自身の集大成となる個展、『Perfect Red』を2018年12月17日から12月23日まで、渋谷のギャラリー・ルデコにて開催し、同時に写真集『Perfect Red』をリリースしました。

His complications of exhibition 「Perfect Red」was held at Gallery LE DECO in Shibuya from December 17th to 23rd, 2018 and released photo book「Perfect Red」at the same time.

購入はこちら Place your order

2018年4月号と2019年1月号の芸術新潮に掲載されました。
18年4月号では「日本の裸体表現最前線」としてHajime Kinokoの代表作であるREDシリーズの作品が紹介され、19年1月号では「Hajime Kinoko特集」として8ページに渡って紹介された。


2019

エイベックス・エンタテインメントがプロデュースする世界的なナイトクラブであるOCTAGONにて、店内の椅子にロープアートを施す

ART FAIR TOKYO 2019に参加、アクリルケースの中にロープインスタレーションを施した作品「Via Lattea」を始め他数々の写真作品を発表
今年で3回目の出展となる日本最大級のアートフェア「ART FAIR TOKYO 2019」に出展しまし、アクリルケースの中にロープインスタレーションを施した新作「Via Lattea」や、数々の緊縛写真を展示し、海外のVIPにも購入されるなど、大きな反響をいただきました。

パリにある現代美術館「Palais de Tokyo」にて、同美術館のアニバーサリーイベントでアメリカ人の人気ラッパーBrooke Candy氏とコラボレーションし、白い縄を使ったLIVEロープインスタレーションを行う
パリにおける現代アートの一大拠点として有名な美術館Palais de Tokyoのアニバーサリーイベントに出演し、アメリカでレディガガと比較されるほどの注目を集めるラッパーBrooke Candy氏とのコラボレーションで、LIVEでのロープインスタレーションを披露しました。

川谷絵音氏プロデュースの舞台「独特な人」にて、メインシーンで使われた映像のビジュアルを担当
「ゲスの極み乙女」などで活躍する川谷絵音氏のソロプロジェクト「独特な人」にて、メインシーンで使われた映像のビジュアルを制作しました。

フェティッシュインベント「デパートメントH」にて、写真家・米原康正氏(中国のSNSにて約300万フォロワー)とコラボし、来場者に写真とロープアートのサービスを行う

写真家・Mario Testino氏(グッチ、ドルガバなど、ハイブランドを手がけるファッション写真界の第一人者)と作品撮りで、和の緊縛を施しコラボした。作品は、まだ未発表

GINZA SIXの蔦屋書店にて、写真集「鬼緊縛」発売記念イベントにて、LIVEロープインスタレーションを⾏う。

セレブが集まる葉山・一色海岸の海の家「SAIL HUS」にて、外観をロープアートでデコレーションを施した

FUJI ROCK FESTIVAL'19にて、全長4mのロープの巨人を建設し、ダンサー2人とショーパフォーマンスを披露

人気シンガーあいみょん氏のMV「真夏の夜の匂いがする」(MTV VMAJ 2018の「最優秀ビデオ賞 "Best Video of the Year"」を受賞した山田智和監督)にて、クレセントという緊縛の吊り技を施し、あいみょん氏を宙吊りにしたビジュアルを演出

NYLON JAPANにて、男女の恋愛をカラフルな毛糸を使って表現したグラビアで、写真とロープアート両方を担当

artKYOTOに参加、江戸時代の絵双六を題材に、生成りの縄で手細工を施し、揮毫と和の緊縛写真作品を散りばめた「緊縛耽美絵双六」を始め、「Via Lattea」や他数々の写真作品を発表

フランスの人気モデルClara Morganeの2020年カレンダーのメインビジュアルのロープアートを担当

国際的緊縛イベント「Japanese Shibari Week」をオーガナイズ
世界で活躍する日本人緊縛師を一同に招集したショーイベント、Hajime Kinokoによる3日間のワークショップ、世界各国の写真家20名による展示をひとつにまとめたイベント。様々な国から沢山の来場者が集まった。


11月13日発売、倖田來未氏のアルバム『re(CORD)』にて、カラフルなシリコンチューブを使い、マイクやヘッドフォンとともに、倖田來未氏本人にインスタレーションを施す。
同アルバム収録曲のMVのメインシーンにも使われる


HISTORYパフォーマンスなどの活動履歴

2001 縄による表現に目覚める。
2004.09 コラボレーション 写真家 ジョアンシンクレア・米国(緊縛写真)
2004.09 緊縛ボディペイントSHOWコラボ増山麗奈@六本木ロサフィエスタ
2004.12 コラボレーション 府中市美術館 画家 増山麗奈(緊縛アートコラボ作品)
2005.4 コラボレーション フォトグラファー ハル(緊縛写真)
2005.10 コラボレーション 写真家 アントワーヌ・アガタ・仏国(緊縛写真)
2006.5 毒蟲@新宿 ロフトプラスワン 以下毎月レギュラー
2006.12 コラボレーション フォトグラファー Michael rubenstein/米国
2007.2 『ADVENTURE』@LIVE INN MAGIC パフォーマンス
2007.5 横浜公演 パフォーマンス
2007.6 名古屋公演 パフォーマンス
2007.7 サロン・キテイファイヤー2099 @J-POP.Cafe パフォーマンス
2007.7 『ADVENTURE』 @Studio Cube 326 パフォーマンス
2007.7 インターネットTV「東京デンジャラスナイト」出演
2007.9 福岡公演 パフォーマンス
2007.9 TOKYO FETISH BALL@Studio Cube 326(ショー) パフォーマンス
2007.12 台湾公演@台中SHOW HOUSE 秀屋(ショー) パフォーマンス
2008.1 デパートメントH@東京キネマ倶楽部(緊縛写真ブース)以降’08 2 4 5
2008.1 SYSTeM HARDCORe@渋谷 Club Asia P & NEO パフォーマンス
2008.2 インターネットTV「東京デンジャラスナイト」出演
2008.6 デパートメントH@鶯谷 東京キネマ倶楽部(ショーwith 若林美保) パフォーマンス
2008.6 仮面晩餐会「INCOGNITO LXX」@渋谷 トランプルーム パフォーマンス
2008.7 札幌公演 パフォーマンス
2008.9 デパートメントH@鶯谷 東京キネマ倶楽部(ショーwith 若林美保) パフォーマンス
2008.10 DESIGNTIDE TOKYO with マルティ・ギゼ アートコラボ
2009.2 東京デカダンス@新宿クリストンカフェ パフォーマンス
2009.3 札幌公演 パフォーマンス
2009.4 THIRD FLOOR シンガポールTV緊縛師ドキュメント主演 パフォーマンス
2009.6 長野公演 Yonda 05@長野RAIZ パフォーマンス
2009.6 大阪公演 パフォーマンス
2009.9 オールナイトフジ@ageHa(フジロックフェスティバル) パフォーマンス
2009.9 台湾公演@台中SHOW HOUSE 秀屋(ショー) パフォーマンス
2009.12 SUPER PEACE FESTIVAL @Zeep Tokyo パフォーマンス
2010.3 リベルタン@渋谷Club Axxcis パフォーマンス
2010.3 Club asia周年@渋谷Club Asia in XXX RESIDENTS 宇川直宏 パフォーマンスコラボ
2010.4 ロンドン公演 London Festival of the Art of Japanese Bondage パフォーマンス、講義
2010.4 Touture Garden Japan 『Night Mare』@akasaka Erebos パフォーマンス
2010.5 ロンドン公演 Touture Garden Rondon パフォーマンス
2010.5 ミュンヘン公演 boundcon パフォーマンス、講義
2010.6 オランダTV出演(撮影) BBC(イギリス国営放送、ディスカバリーチャンネル)
2010.8 CULTURE OF PEACE@Club Asia パフォーマンス
2010.10 HIGHVLI NIGHT STAR @sibuya womb
2010.10 オーストラリア公演@fetish expo パフォーマンス、講義
2010.11 TOKYO FETISH BALL@新宿クリストンカフェ (ショー) パフォーマンス
2010.11 Touture Garden Japan 『Night Mare』@akasaka Erebos パフォーマンス
2010.11 伊坂幸太郎Tシャツモデル
2010.12 ドイツ公演schwelle7 パフォーマンス、講義
2011.1 冬縛-TOUBAKU- Hajime Kinokoオーガナイズ 世界緊縛サミット開催
2011.4 イタリア美術館展示用3D緊縛撮影
2011.4 SOFT ON DEMANDOホテル企画参加 ホテルの内装を縄でインスタレーション
2011.5 東京スポーツ新聞「Hajime Kinokoの緊縛ワールド」連載開始
2011.6 CIRCUS SIDESHOW@青山FIAT
2011.6 デカダンスBAR周年@新宿クリストンカフェ
2011.6 The Sences@金沢:W-double-
2011.8 エゴイスティックロボッツ@渋谷Module
2011.9 ヨーロッパツアー
2011.10 大阪セミナー
2011.12 雑誌メトロポリスイベント・SAIKO出演
2012.4 sonar@ageha 出演
2012.4 オーストラリア・シドニー公演@ Xplore Festival sydney パフォーマンス、インスタレーション、ワークショップ。
2012.5 ドイツ・ミュンヘン公演@boundcon ワークショップ、パフォーマンス
2012.5 イタリア・ローマ@ワークショップ
2012.10 THE WHISTLEBUMP HALLOWEEN ADVENTURE 2012出演@10.27 (Sat) @ TOKYO XEX Nihonbashi
2012.10 週刊プレイボーイ Hajime Kinoko特集掲載
2012.10 東京スポーツ新聞「Hajime Kinokoの緊縛ワールド」連載終了
2012.11 MONICA URANGLASS PV撮影アート協力 http://www.youtube.com/watch?v=9N3sWnxxhLs
2012.11 週刊プレイボーイSM特集掲載
2012.12 週刊プレイボーイグラビア掲載
2013.2 ブラックデカダンス出演
2013.3 wet dream@Aisotope lounge
2013.5 毒蟲@ロフトプラスワン(3か月に一度くらいのペースで引き続き出演
2013.5 己龍・愛怨忌焔PV撮影アート協力 http://www.youtube.com/watch?v=A8CTFUv6ddU
2013.6 日本ビール白濁CMアート協力その1 http://www.youtube.com/watch?v=OtFwiOZYYT4
2013.6 日本ビール白濁CMアート協力その2 http://www.youtube.com/watch?v=JVszN19G-iA
2013.6 ドミナトリックス@青山ベロア
2013.6 ロシア公演 Rope Festa サンクトペテルブルグ
2013.7 Summer Halloween@AgeHa
2013.9 vice Hajime Kinokoドキュメンタリー動画
2013.10 ディーゼル(DIESEL)の新作レセプション会場のインスタレーション担当
2013.11 CNN放送 番組Anthony Bourdain: Parts Unknown出演
2013.11 猫町倶楽部読書会にてパフォーマンス@ロフトプラスワン
2014.1 sukekiyoのMVで縄のアートディレクション
2014.4 写真インスタレーション作品『cell』制作
2014.4 Tokyo Fashion Edge インタビュー掲載
2014.6 プレゼンテーションイベント「PechaKucha」@六本木Super Deluxe
http://www.pechakucha.org/presentations/rope-art
2014.8 Hajime Kinoko緊縛写真集「紅天狗」 (ミリオンムック)リリース
2014.10 オーストラリア・シドニー公演
2014.10 Hajime Kinoko監督作品緊縛DVD「~緊縛~ 3 川上ゆう×一鬼のこ」(S&Mスナイパー)リリース
2014.12 オーストラリア・アデレードにてワークショップ開催
2014.12 毒蟲脱退
2015.1 カナダ・バンクーバにてワークショップ開催
2015.2 ヨーロッパ六ヶ所ツアー(グラスゴー・ヒホン・ミュンヘン・ベルリン・ロンドン・パリ)
フランスにてパフォーマンスとワークショップを行う
2015.2 ロンドンTORTURE GARDEN出演 Torture Garden 2015 Valentines Ball on Vimeo
2015.2 小南泰葉様の全国7ヶ所ツアー「らせんの糸ツアー2015」にてステージのデコレーションを担当。作品「Cell」とのコラボ
2015.7 Hajime Kinoko緊縛DVD「インソムニア・ボンデージ 不眠の緊縛密議 七菜乃 × Hajime Kinoko」リリース
2015.8 Hajime Kinoko緊縛写真集「ナワナノ 七菜乃×Hajime Kinoko」(Hajime Kinoko監修・写真・緊縛担当)リリース
2015.9 神保町画廊にて、Hajime Kinoko展『Red』開催
2015.10 毎週水曜日、東京スポーツ新聞(東京スポーツ、大阪スポーツ、中京スポーツ、九州スポーツ)「進化版 Hajime Kinokoの緊縛ワールド」連載開始
2015.10 無重力クッキー様(紅林大空Vo.)の初ミニアルバム「ぜろぐら」のロープアートと写真を担当
2015.10 TOKYO MXテレビ「ディープJルーム」に2週連続メインゲスト出演
2015.10 グループ展示「LOVE to EROS」参加
2015.12 Hajime Kinokoの現代緊縛入門 初級編DVDリリース
2015.12 Hajime Kinokoプロデュース「緊縛タイツ」リリース ファッション誌「KERA!」にて、でんぱ組.inc・相沢梨紗様が着用してくれました
2016.1 Hajime Kinoko主催 一縄会イベント「縄紋」開催
2016.1 緊縛にその美しさを生かす為、河田陽子師のもと 小原流生花を習い始める
2016.2 Hajime Kinoko写真集『Red』(マイウェイ出版)リリース
2016.2 Hajime Kinokoの現代緊縛入門 中級編DVDリリース
2016.2 パリで行われたHEAVENSAKEの発売記念パーティーで和の緊縛SHOWを披露。
VOGUEの編集長やCara Delevingneなどのハリウッド女優、他、世界中のセレブが数百人参加
2016.2 緊縛国際イベント「マニフェス2016」に参加
2016.3 Hajime Kinokoプロデュース「緊縛ニーハイ」リリース
2016.3 新宿座にて、Hajime Kinoko写真集『Red』発売記念展示
2016.4 札幌OYOYOにて、Hajime Kinoko展『Red』開催
2016.4 ニコ生放送「不思議なキノコの世界」毎月 第2、4回金曜日放送開始
2016.5 アメリカ最大の緊縛イベント『BED』にメインゲストとして参加。(ダラス)SHOWとワークショップを行う
2016.5 ボルティモアG788にて、Hajime Kinoko展『Red』開催。他、現地にてSHOWとワークショップを行う
2016.5 ロサンゼルスBootieにてSHOW。他、現地にてワークショップを行う
2016.5 Hajime Kinoko作品シリーズ『花札緊縛』をAFPBBフランス通信社が取材、取り上げて頂く
2016.6 台湾・リトルモカ台北にて、Hajime Kinoko展『Red』開催
2016.7 2016.7 週刊プレイボーイ「キン縛マン」掲載。お笑い芸人のケンドーコバヤシとハリウッドザコシショウをモデルに、作者のゆでたまご公認の豪華企画として大きな反響を得る
http://shibari.jp/movie/index.html#lg=1&slide=2
PORTFOLIOはこちら
2016.7 SWEET DREAMS出演@渋谷・WOMB
2016.8 パリコレにも参加するファッションブランド「CHRISTIAN DADA」南青山本店オープ二ングイベント出演。インスタレーションと和のパフォーマンスを行う
シンガポール店では、中心部の目抜き通りであるオーチャードに「心臓」をテーマとした巨大なインスタレーションを設置
PORTFOLIOはこちら
2016.8 おしえて!バズポリスリターンズ 取材協力 一縄教室を取材される@Abma TV
https://www.youtube.com/watch?v=Hgd_lCGsYLc
2016.8 京都 東映映画村にて インスタレーションと和のパフォーマンスを行う
2016.8 フォトエッセイ集「一期一会」(三和出版)リリース
2016.9 デパートメントH@鶯谷 東京キネマ倶楽部(モデル・華エリ レーザー・MIU 三味線・五錦雄互 黒子・PSYCHO SAUCE ) コラボレーションショー会場を埋め尽くす巨大レーザーと 生音の三味線が奏でる和の古典緊縛を披露。
まるでスーパー歌舞伎のようなパフォーマンスは 拍手喝采の好評を得た
https://www.youtube.com/watch?v=y0_lmhdjVK8
2016.9 Hajime Kinoko監督作品DVD「或る宮廷と美食家たち」「蒼褪めた月 cw. 孤独なる埋葬」(ヴァンアソシエイツ)2作同時リリース
「或る宮廷と美食家たち」https://www.youtube.com/watch?v=HCNSXoKVYvM
「蒼褪めた月 cw. 孤独なる埋葬」https://www.youtube.com/watch?v=VUs5GIpJGu8
2016.9 神保町の書店「書泉グランデ」にて、DVD「或る宮廷と美食家たち」発売記念イベント出演
2016.9 Hajime Kinoko10周年展示『僕が松茸になるまで』開催 @クリエイションギャラリー日本橋箱崎
過去10年間の活動の集大成として、500点を超える作品と巨大ロープインスタレーションを展示した。
2016.10 Phantom Sketch Mod.@北海道・札幌
グラフィックデザイナー「宇川直宏」率いる「XXX RESIDENTS」の一員として参加。コラボレーションショー
2016.10 アーティストが一堂に集い様々なアートを披露する非営利イベント「Slideluck Tokyo」インスタレーションショー
2016.10 Tokyo Decadance Halloween@新宿・キリストンカフェ(DJ DAFTPUNK Tribute モデル・SAKU レーザー・MIU) コラボレーションショー
現在 活動休止中のDAFTPUNKの代わりに、公認で活動を行うDAFTPUNK Tributeとコラボ
2016.10 SODOM × fancyHIM(special collaboration 2 venues halloween party)@新宿・ArcH
マドンナのダンサーとしても知られるAyaBambiとのコラボレーションショー
PORTFOLIOはこちら
2016.11 オーストラリア・メルボルンにてパフォーマンスとワークショップを行う
2016.11 椎名ぴかりん降誕祭@渋谷・WWW
雑誌 KERAのモデルやアーティストでもある 椎名ぴかりんワンマンライブにて、魔界をイメージしたインスタレーションを施す。
PORTFOLIOはこちら
2016.12 Hajime Kinoko主催「第五回緊縛写真部」開催
Kinoko自身が縛り、モデルを撮影した後に、それぞれのベストショットをプロジェクターで映して談話する撮影会。満員御礼イベントとなる
2016.12 神保町の書店 小宮山書店にて「MAN&WOMAN」作品展示(12/22~1/22)
2017.02 Uru シングル「フリージア」にて、白いロープでのインスタレーションを担当。
MBS/TBS系列全国28局ネット放送中 TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(第2期)2017年1月クールのエンディングテーマ
PORTFOLIOはこちら
2017.02 写真集 花札緊縛美人(三和出版) リリース
2017.02 Hajime Kinoko展「花札緊縛美人」開催 @東京・クリエイションギャラリー日本橋箱崎 札幌・to ov cafe / gallery 同時開催
2017.03 ART FAIR TOKYO 2017@東京国際フォーラム
ドローイングした作品やポラロイドを数点散りばめたものをアナログで縛った作品を、小宮山書店ブース内で多数展示。
https://artfairtokyo.com/2017
2017.03 パリ「Place des Cordes」、コペンハーゲン「KINBAKU ROUNGE」にてワークショップ、パフォーマンスを行う。
PORTFOLIOはこちら
2017.03 MANDARAKE 中野店にて、和の緊縛ショーを披露。
2017.05 でんぱ組.incのリーダー相沢梨紗氏の写真集「キラキラって輝く星はどこにあるの」で白いロープでアートワークを行う。
PORTFOLIOはこちら
2017.05 DADARAYシングル「Breeze in me」白いロープでのインスタレーションを担当。
PORTFOLIOはこちら
2017.05 でんぱ組.incのリーダー相沢梨紗氏がキューレーションを行う『相沢梨紗領域・喫茶天』にて白い縄のインスタレーションを制作・作品撮りをする。
PORTFOLIOはこちら
2017.07 VRDG+H Presents UKAWANIMATION! XXX RESIDENTS『THE EYE BALL VR』@DMM VR THEATER
グラフィックデザイナー宇川直宏氏率いる「XXX RESIDENTS」の一員として、VR技術を取り入れた近未来的ロープパフォーマンスを披露。
PORTFOLIOはこちら
2017.07 「現代緊縛入門 超初級編 虎の巻」DVDリリース。「現代緊縛入門 超初級編 龍の巻」は2017年12月に発売。
2017.08 BSスカパー!「田村淳の地上波ではダメ!絶対!」に出演。
PORTFOLIOはこちら
2017.08 ファッション誌『VOGUE JAPAN』にHajime Kinokoの活動の記事が掲載。
PORTFOLIOはこちら
2017.08 米国バーニングマンのオフィシャルアーテイストとして参加。
全長17メートルの巨大ロープオブジェをボランティアスタッフ数十名と共に建造。そして広大な砂漠の中、竹のやくらを建て純和風の緊縛ショー『和の緊縛耽美』を披露。バーニングマンに参加する8万人にロープアートのエンターテイメントした。同時に2018年カレンダーを発売。
PORTFOLIOはこちら
2017.09 フェチフェス@綿商会館 で、パフォーマンスステージを披露。
コンテンポラリーダンサー『Seira』と木村カエラ氏やYUKI氏に楽曲提供もしてる音楽家『LLLL』とREDの世界観のインスタレーションを即興で作り出し、コラボレーションした。
2017.09 代官山フォトフェアにて小宮山書店ブースにてロープアート作品14点出展。
2017.10 雑誌「STUDIO VOICE」にて岡部桃との共作フォトストーリーを掲載。
PORTFOLIOはこちら
2017.10 ドラマ「監獄のお姫様」のメインビジュアルで伊勢谷友介氏をモデルにリボンと縄でロープアートで施した。
PORTFOLIOはこちら
2017.11 劇団métro舞台『衣衣』のポスタービジュアルにロープアートで参加。2018年2月の舞台公演では、舞台美術を担当し、ロープアートを施す。
PORTFOLIOはこちら
2017.12 MYTH & ROID氏の楽曲「HYDRA」ジャケットのロープアートを担当。
TVアニメ「オーバーロードⅡ」エンディングテーマ。
2017.12 Hajime Kinoko所有のスタジオKCLオープン。自身の巨大ロープアート作品を作り出せる高さ4メートル、横幅6メートルの白ホリスタジオである。
スタジオKCL WEBサイトはこちら
2017.12 レディービアード氏とコラボ作品を制作。
PORTFOLIOはこちら
2017.12 蛭子能収氏とコラボ作品を制作。AbemaTVの番組「蛭子が北朝鮮幽体離脱緊縛SP」にて。
PORTFOLIOはこちら
2017.12 TOKYO MX「5時に夢中」にて出演。
2018.02 Hajime Kinoko主催 一縄会イベント「縄紋」開催
2018.03 ART FAIR TOKYO 2018@東京国際フォーラム
アクリル板にレーザーカッターで縄目を施した立体的な作品などを、小宮山書店ブース内で多数展示。
2018.03 Hajime Kinoko展『縄痕 -Rope Marks-』を下北沢BALLON D' ESSAIにて開催。写真集「NAWA ATO 縄痕」(エムアップ)も同時に発売
PORTFOLIOはこちら WEB SHOPはこちら
2018.03 雑誌『芸術新潮』4月号にて、Redシリーズの作品が4ページにわたって掲載される
PORTFOLIOはこちら
2018.04 代々木公園で開催された『SpringLove春風』にて、全長6mの縄の巨人を制作
PORTFOLIOはこちら
2018.04 雑誌『週間ポスト』にて、一縄教室を取材される。
2018.04 AbemaTV「声優と夜遊び」に出演。関智一氏と佐藤拓也氏を縛る。
PORTFOLIOはこちら
2018.04 元SuGの武瑠氏によるソロプロジェクト・sleepyheadの曲『酩酊』のMVにロープアーティストとして参加。
PORTFOLIOはこちら
2018.06 2018年6月24日に入籍する。
2018.06 雑誌「アサヒカメラ」7月号にて、6ページにわたって掲載される。
PORTFOLIOはこちら
2018.07 ニューヨークの『Museum of Sex』にてパフォーマンスを披露する。数々の雑誌に取材を受ける。
PORTFOLIOはこちら
2018.07 バンド「ぼくたちのいるところ。」のミニアルバム『大人ごっこ』のCDジャケットで、ロープアートを施す。
2018.09 代官山フォトフェアの小宮山書店ブースにてロープアート作品を数点出展。
2018.09 JAC AWARD 2018に選出された村田まい監督作品『不自由な幸せ』で縛り担当する。
YouTubeで見る
2018.09 AbemaTV『声優と夜遊び』に3回にわたって出演。関智一氏と佐藤拓也氏を縛る。
2018.10 中村文則著『その先の道に消える』の表紙でロープアート作品を撮り下ろす。
2018.10 「Halo at 四畳半」の楽曲『ヒューズ』にて赤い毛糸を使ったアートを施す。
YouTubeで見る
2018.11 秋元康プロデュースのアイドルグループ「ラストアイドル」のMV『愛しか武器がない』でロープアートを担当する。 YouTubeで見る
2018.11 海外アーティスト「Brooke Candy」と作品制作のコラボレーションをする。
2018.11 川崎クラブチッタにて、パフォーマンスステージを披露。「DE DE MOUSE」など、交流のあるアーティストをゲストに迎え、『C’5』という一夜限りのスペシャルセッションを開催した。
2018.12 ネットドラマ『毒ノ華』全8話で、毎話異なったロープアートを施す。同時に個展『毒ノ華展』を開催。
2018.12 Hajime Kinoko写真集『Perfect Red』を出版。
2018.12 Hajime Kinoko展『Perfect Red』を渋谷のギャラリー・ルデコにて開催。
2018.12 芸術新潮1月号にて、Hajime Kinoko特集が8ページに渡り掲載される
2018 2018の海外公演・ワークショップ
ロンドン(1月)、台湾(3月)、パリ(4月)、メルボルン・パース(5月)、ニューヨーク(7月)、上海(9月)、シアトル(10月)、ロス・ニューヨーク・ダラス(11月)
2019.1 カルチャー誌サイゾー2月号にて、メガホンとサラリーマンを縛ったビジュアルが掲載される
2019.2 エイベックス・エンタテインメントがプロデュースする世界的なナイトクラブであるOCTAGONにて、店内の椅子にロープアートを施す
2019.3 ART FAIR TOKYO 2019に参加、アクリルケースの中にロープインスタレーションを施した作品「Via Lattea」を始め他数々の写真作品を発表
2019.3 KOMIYAMA TOKYOから、Hajime Kinoko写真集「鬼緊縛」が発売
2019.4 秋元康氏プロデュースのユニット吉本坂46のMV「今夜はええやん」にて、次長課長の河本氏へのロープアートを担当
2019.4 パリにある現代美術館「Palais de Tokyo」にて、同美術館のアニバーサリーイベントでアメリカ人の人気ラッパーBrooke Candy氏とコラボレーションし、白い縄を使ったLIVEロープインスタレーションを行う
2019.4 川谷絵音氏プロデュースの舞台「独特な人」にて、メインシーンで使われた映像のビジュアルを担当
2019.5 フェティッシュインベント「デパートメントH」にて、写真家・米原康正氏(中国のSNSにて約300万フォロワー)とコラボし、来場者に写真とロープアートのサービスを行う
2019.5 写真家・Mario Testino氏(グッチ、ドルガバなど、ハイブランドを手がけるファッション写真界の第一人者)と作品撮りで、和の緊縛を施しコラボした。作品は、まだ未発表
2019.5 GINZA SIXの蔦屋書店にて、LIVEロープインスタレーションを行う
2019.7 セレブが集まる葉山・一色海岸の海の家「SAIL HUS」にて、外観をロープアートでデコレーションを施した
2019.7 FUJI ROCK FESTIVAL'19にて、全長4mのロープの巨人を建設し、ダンサー2人とショーパフォーマンスを披露
2019.7 人気シンガーあいみょん氏のMV「真夏の夜の匂いがする」(MTV VMAJ 2018の「最優秀ビデオ賞 "Best Video of the Year"」を受賞した山田智和監督)にて、クレセントという緊縛の吊り技を施し、あいみょん氏を宙吊りにしたビジュアルを演出
2019.8 NYLON JAPANにて、男女の恋愛をカラフルな毛糸を使って表現したグラビアで、写真とロープアート両方を担当
2019.9 artKYOTOに参加、江戸時代の絵双六を題材に、生成りの縄で手細工を施し、揮毫と和の緊縛写真作品を散りばめた「緊縛耽美絵双六」を始め、「Via Lattea」や他数々の写真作品を発表
2019.10 フランスの人気モデルClara Morganeの2020年カレンダーのメインビジュアルのロープアートを担当
2019.10 国際的緊縛イベント「Japanese Shibari Week」をオーガナイズ
2019 2019年の海外公演・ワークショップ
ローマ(2月)、アデレード(3月)、天津(4月)、パリ(4月)